2007.
Keigoとtomominの2人はネットで出会う。
この頃はまだ名前を知っている程度だった。

2008.02 Keigoがギターインストのソロアルバム『Asian-K★Night』を自主制作リリース。

全パートを1人で担当し制作したというこのアルバムを入手したtomominは
プロレベルのアルバムクオリティの高さに、
「こ、こいつは一体何者や?ギターのニュアンスが山本恭司さんそのものやんけ!』と
ものすごい衝撃を受ける。リズムパターンにそそられ、
気に入った曲のドラムをこそっとコピーしていたらしい。

それでも、まだ2人は「名前を知っている程度」の間柄で、
Keigoの正体(正体って・・・笑)を何も知らなかった
tomominの中では、Keigoの存在は、すっかりアーティストとしての
位置づけになっていた。

実はこのアルバムはKeigoにとっては2枚目のソロアルバムで、
この時点ですでに宅録のスペシャリストであり、そしてまた地元石川県では
コンテストで過去に何度もベストギタ-リスト賞を受賞している、知る人ぞ知る
凄腕のギタリスト。tomominがKeigoのことをアーティストとして
認識したのも不思議なことではない。


2008.10 この頃tomominは友人であるGuitar & VocalのGP氏とネットセッションを始める。

2008.11 宅録にはまり始めたtomominが急に1人でVOW WOWモードに入り
自作のギターレス『Shock Waves』の音源をネットにアップ。

その音源を、「名前を知っている程度」の間柄のKeigoが
通りすがりにたまっっっっったま聞いて、
音源にギターを乗せたいとtomominにコンタクトをとる。

自分の中では勝手に有名ギタリストになっているKeigoからの申し出に
「宅録を始めたばかりのあの雑な音源にKeigoさんともあろう人が何故?」と、
当時tomominはかなり不思議で仕方なかったらしい。

ちなみに、Keigoは後に「あの時は不思議と呼ばれたような気がして音源を聞いた。
あのピアノのニュアンスに何かを感じた」と語っている。
まさに必然の出会いか・・・。(笑)

そして、VocalがGP氏、Guitar & BassがKeigo、Keyboard & Drumsがtomominの
ネットセッションユニット
GT-KでVOW WOWのカヴァーを始める。

当時Keigoは、VOW WOWのカヴァーバンドでも活動していたので
まさにVOW WOWづくしの日々であった。


2009.02 Keigoから「オリジナルのインスト曲をネットセッションでやってみよう」
という提案があり、ここで
K-Tyが結成される。

そこから怒涛の勢いで、時にはGT-Kとしてもセッションしまくる。



2010.05


2010.08


山本恭司さんのソロアルバムからのカヴァーが始まる。


恭司さんの新譜「The Life Album」がリリースされる。
翌月にはこのアルバムから『Running With The Wind』を、そして
『Ra』、『Heavenly』と、続けてカヴァー。

嬉しいことに恭司さんご本人からコメントを頂く。
そして、Facebookを始めてから、幸運なことに恭司さんや新美師匠に
友達登録させていただき、以来、カヴァー曲はご本家公認となる。


2012.11 Keigoが恭司さんの「弾き語り・弾きまくり ギター三昧」
北陸ツアーをプロモート。富山と金沢のライブを成功させ、
打ち上げでは、恭司さんとK-Tyの夢のセッションが実現する。




2013.09


Keigoが「弾き語り・弾きまくり ギター三昧 石川ツアー」を再びプロモート。
サプライズで、あの川口千里ちゃん率いるSSSが登場。
さらにサプライズで真央樹さんが緊急参戦という、なんともゴージャスなツアーが実現。

2014.03






































2014.08
恭司さんのバースデーライブが汐留Blue Moodで開催される。
「日本三大山本恭司」のうちの一人として、恭司さんからその腕を認められたKeigoは
真央樹さんや千里ちゃんとセッション。







「ギター弾き語り・弾きまくり 石川ツアー」をこの年もKeigoがプロモート。
自身のバンドBSKでオープニングアクトの大役をこなす。

石川県小松に行ったtomominの日記風動画




恭司さんを師と仰ぎ30年、師の発信するものをまっすぐに受け止めてきた、
恭司さん一筋のKeigoのギターと、
雑食派獣tomominのぶっといタイコが織り成すK-Tyサウンド。

今後もVOW WOW 、恭司さん関連の曲を中心にカヴァーする予定。